解説(8)テンプレートに商品情報を組込む

解説(8)テンプレートに商品情報を組込む

PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

解説(8)テンプレートに商品情報を組込む

PHPとWebAPIで作るアフィリエイトサイト。Smartyテンプレートを使う方法の続き。

 

サンプルコードのserch.phpの最後の方でスマーティに渡す情報を指定しました。
これですね。
$smarty->assign("keywords",$keywords);
$smarty->assign("list_y",$list_y);
で、この渡された情報を元に、テンプレート「kekka.php」で表示するという指定がこれです。
$smarty->display('kekka.tpl',$cache_id);
では受け渡した情報をどうやってテンプレートに組み込むのか。
…と言うところが今回の説明です。

 

なお今回のサンプルコードの場合、
変数$keywordsには検索した文字列が入っていて、
変数$list_yは検索結果を格納した配列が入っています。

 

kekka.tplのソースコード(中身はHTMLファイル+Smarty変数)
<html>
<head>
<title>{$keywords}:調査結果</title>

 

※変数が単なる文字列の場合、{$keywords}と書けば、
ここに変数$keywordsの中身が表示されます。
これは一ページ中、何回使っても構いません。

 

</head>
<body>
<h1>{$keywords}の検索結果</h1>←ここでも使っていますね

 

<p>ページ更新日:{$smarty.now|date_format:'%Y/%m/%d'} </p>

 

※ここは時刻を表わす予約変数で、
スマーティがこの変数を読み込む瞬間にタイムスタンプを読んで表示します。
ショッピングサイトの場合、表示している情報がいつのモノであるか表示する必要があるので、
ページの更新日付はなるべくページの上部に表示した方がよいと思います。

 

楽天のwebサービスの注意書きを読むと、価格情報や入手可能性については
最新の情報が表示されるようにと言う但し書きがあります。
キャッシュも24時間までと言う風なことがどこかに書いてありました。
なお日時・時刻の表示方法の指定はPHPと同じです。→date_formatの指定法

 

<!-- ■ここから商品検索結果を表示 -->
{foreach from=$list_y item=row }

 

※これは、配列$list_yの中から商品情報を1つずつ要素を読み出していく部分です。
foreachは組み込み関数と呼ばれますが、PHPとほぼ同様です。→スマーティのforeach
読み出した商品情報を「row」と名付けていますが、この名前は他と重複しなければ大抵使えます。

 

{$row.title}は、商品タイトル名ですね。{$row.url}は商品ページのURLです。
{$row.img}は商品画像で、{$row.price}が商品価格になっています。
これは、サンプルのserch.phpの配列$list_yを作るところで指定しているだけなので、
自分で分かりやすい名前を付けておくと良いです。

 

<div>
<p><a href="{$row.url}" target="_blank">
<img src="{$row.img}" border="0" alt="{$row.title}" /></a></p>
<p><a href="{$row.url}" target="_blank">{$row.title}</a></p>
<p><b>{$row.price}円</b></p>
<p>{$row.caption} </p>
<p>{$row.Description} </p>
<p>【平均評価】:{$row.reviewAverage}(5点満点) </p>
<p><a href="{$row.url}" target="_blank">詳しくはこちら</a></p>
</div>
{/foreach}
<!-- ■ここまで -->

 

<br clear="all">

 

<!-- WEBサービスのクレジット表示 -->
<!-- Begin Yahoo! JAPAN Web Services Attribution Snippet -->
<a href="http://developer.yahoo.co.jp/about">
<img src="http://i.yimg.jp/images/yjdn/yjdn_attbtn2_105_17.gif"
width="105" height="17" title="Webサービス by Yahoo! JAPAN"
alt="Webサービス by Yahoo! JAPAN" border="0" ></a>
<!-- End Yahoo! JAPAN Web Services Attribution Snippet -->

 

</body>
</html>

 

これでサンプルコードの解説はお終いです。

 

NEXT:アクセスが集まるサイトを作るには


スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説(8)テンプレートに商品情報を組込む関連エントリー

リンク切れの起こらないアフィリエイトのやり方
PHPプログラムの開発環境を整える
WEBサービスのアクセスキーを取得する
ヤフーAPIのアプリケーションIDを登録
ヤフーAPIで商品を検索してみる。
ヤフーAPIのレスポンスを読んでみる
ヤフーAPIのRESTリクエストの作り方
商品検索ページのサンプルコード
商品検索ページを動かしてみる
商品検索ページをサーバにアップしてみる
サンプルコードの解説(1)入力ページ
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
解説(2)設定事項を上部に記述する
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
解説(3)Smartyを使う準備をする
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
解説(4)RESTリクエストのレスポンス処理
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
解説(5)商品情報をXMLから取り出す
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
解説(6)スマーティでページを表示
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
解説(7)Smartyテンプレートの作り方
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
アクセスが集まるサイトを作るには
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
マッシュアップサイトをプランする
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
楽天の商品検索API用コード例
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
楽天検索API用PHP解説(1)
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
楽天検索API用PHP解説(2)
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
グーグルニュース取得PHPの例
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
ニュース取得PHPの解説
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
ユーチューブ動画リンク取得PHP
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
ユーチューブ取得PHPの解説
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
ツイートボタン、「いいね!」ボタンの付け方
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。
フェイスブックのリンクに表示させたい画像を指定する方法
PHPとWebAPIを使ったサイトを作って、アフィリエイトする方法を紹介します。