アフィリエイトは儲かりまへん。アフィリエイトが儲からないわけ

amazonが成功したわけ

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

アフィリエイターのおかげで大発展

アフィリエイト,儲からない,理由,情報商材

amazonは今や、日本一便利な本屋になりました。

 

日本国中で出版されている本のおそらく99%は、amazonのデータベースにあるでしょうし、入手可能性もかなり正確に知ることができます。

 

しかしamazonをここまで有名にしたのは、品揃えのすごさだけではありません。

 

amazonアソシエイトプログラムのおかげでしょう。

 

アソシエイトプログラムというのは、amazonが扱っている商品を、自分のホームページで紹介して、そこから売り上げが発生した場合、売り上げの3%を紹介者に支払ってくれる仕組みです。

 

この仕組みをアマゾンは1996年にスタートさせ、アフィリエイトと言う仕組みが世の中に定着しだしたわけです。

 

日本でのアソシエイトプログラムは、2001年に始まったのですが、この頃はまだブログサービスは一部の人しか利用していませんでした。

 

ですからこのころは、ほんとに一部の人だけがホームページを通じて自分のお薦めの本を紹介し、アフィリエイト料を手にしていたわけですね。

 

そしてアマゾンは、アソシエイトプログラムのおかげで、急激に取扱量を増やしていきました。

 

amazonの成功は、アソシエイトプログラムのおかげといっても過言ではありません。

 



第三者の保証は強い。

amazonのアソシエイトプログラムが成功したおかげで、amazonのユーザーは爆発的に増えました。

 

有用な情報が載っているホームページの中で紹介された本ならば、自分でも読んでみようと思う人も多いはず。

 

本の内容については、サイトオーナーが保証しているわけですし、あとはそれをどこで買うかって言う話だけになるわけですから。

 

それが一般書店に並んでいない本なら、そのままリンクをクリックして、amazonで手に入れるでしょう。

 

著者やamazonが直接その本を売り込んでいるわけでなくて、第三者が本を推薦しているというのも強みです。

 

本などには元々「私もおすすめします」なんていう有名人の推薦文などが載っていたりするわけですが、ああいう効果があるわけですね。

 

しっかりした内容のサイトであれば、有名人でなくても信頼されて本が売れたりします。

 

amazonのアソシエイトプログラムに参加するのには、特に難しい審査があるわけでもありませんし、リンクの扱いも、amazonが用意したいくつかのパターンから選べばいいだけ。

 

アフィリエイト・フィーも3.5%以上ですし、かなり始めやすいアフィリエイトプログラムだと言えますね。

 

NEXT:amazonアフィリの始め方

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加