★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

サンプルコードの解説(1)入力ページ

PHPとWebAPIで作るアフィリエイトサイト。

 

ここからは、サンプルコードを簡単に解説します。

 

何をやっているのか、流れだけでもつかんでください。

 

★検索ページのソースコード例(serch.html)まず、キーワードを入力するためのページのソースコードです。

 

これはHTMLの本にも必ず載っているので、詳しい説明は省略します。

 

簡単に何をやっているか書くと、<input type="text" name="keyword" >と言うところに入力された文字列を、reserch.phpと言うプログラムにPOSTする(投げ入れる)ってことです。

 

これで検索の実行ファイルであるreserch.phpに文字列を送るわけです。

 

このファイルがやっているのは、それだけですね。

 

ヤフーショッピング商品検索PHPの解説(1)

一方、文字列を受け取る側のreserch.phpでは、送られてきたキーワードを受け取って、$keywordsという変数に文字列を代入します。

 

//HTMLフォームからキーワードを取得$keywords = $_POST["keyword"];PHPの特徴として、変数は何でもOKというのがあります。

 

数値でも文字列でも配列でも、変数名に特に決まりはありません。

 

この辺がPHPが馴染みやすいプログラミング言語であるというゆえんです。

 

また何も入力せずに「検索」ボタンを押されたときのために、代替キーワードを設定しておきます。

 

//フォームが空だったときの代替キーワードif($keywords == null){$keywords="訳あり";}nullというのは「何にも入っていない」という意味で、ゼロではありません。

 

もし変数$keywordsに何も入っていなければ、キーワードに「訳あり」を入れるという条件分岐です。

 

//キーワードの確認//print($keywords);これは、プログラムにキーワードがちゃんと届いているかどうか確認するための業です。

 

最初の「//」がPHPのコメントアウト記号(無視される行)になりますので、確認するときはこの「//」を消してからプログラムを動かします。

 

プログラムを動かしたとき、どこの部分で止まっているかを見るために、こうやってあちこちに確認用のコードを埋めてあるわけです。

 

なのでキーワードがちゃんと届いているのを確認したら、また「//」をこの行の頭につけてコメントアウトします。

 

コメントアウト記号には、他にも「/*」から「*/」までというのがありますが、これはたくさんの行をいっぺんにコメントアウトするときだけに使ってください。

 

プログラムが動かないとき、問題の切り分けをする時に使う記号になります。

 

NEXT:サンプルコードの解説(2)


広告

アフィリエイトで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるキーワードはコレ!キーワードツールの決定版!Pandora2

★第2位★今話題のキーワード、トレンドアフィリで稼げ!【下克上∞(MUGEN)】

★第3位★ツイッターで集客!ツイッターでアクセス増!フォローマティックXY

★第4位★狙い目キーワードを探せ!キーワードスカウターS

★第5位★サイトアフィリマニュアルGladius

★第6位★1日1記事、1ブログ運営で、趣味や好きな事が月収20万円ホビリエイト・マスターズカリキュラム

★第7位★アフィリエイター専用!SEO分析ツール「COMPASS」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

★★ネットでお金を稼ぐマーケティングを基礎から指南Catch the Marketing

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

このエントリーをはてなブックマークに追加

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング