ネットが便利すぎる弊害

ネットが便利すぎる弊害

ネット以前の買い物ってどうだった?

アフィリエイト,phpスクリプト,WebAPI,儲け方,

ロングテール理論は、ネット時代を象徴する理論として脚光を浴びました。

 

理論の妥当性はさておき、ネット時代でのビジネスは、それまでの時代と根本的に性質が異なっているんだ、ということを印象づけました。

 

経済学的な視点で言うと、サーチング・コストマッチング・コストが驚異的に小さくなったって事ですね。

 

サーチング・コストというのは、自分の欲しいモノを探すための費用のこと。

 

マッチング・コストというのは、自分に合っているかどうか確認する費用のこと。

 

ネット以前の経済では、これらのコストが非常に大きかったわけです。

 

たとえば本を探す場合でも、ちょっと専門的な本や趣味の本になると、都会の大きな書店まで出掛けないとならなかった(サーチング・コスト大)。

 

そして中身やパッケージを見て、自分が欲しいものかどうか確認する必要もあった(マッチング・コスト大)。

 

私の場合、京都に長く住んでいましたが、武術のビデオなどを求めてわざわざ大阪の梅田まで毎月のようにでていました。

 

どんな本やビデオが出版されているのかは、書店が出している図書目録などを見なければならず、それがどこで手にはいるかも不明だったわけです。

 

ヤフオクもなかったから、定価より安く手に入れるなんて事もできませんでした。

 



ネットの方が便利。

ところがネット時代になって、通販専門の会社がたくさん生まれた結果、家にいながらにして、本やビデオに関しては、たいていの情報が手にはいるようになりました。

 

amazonでは、膨大な書物のデータベースがあって、ちょっと検索すればすぐに見つけられるようになりました。

 

amazonで扱っていない本やビデオでも、出版社が立ち上げているホームページを見れば、見つけることができるようになりました。

 

つまりサーチング・コストがもう、タダみたいなモノになったわけですね。

 

そして口コミやカスタマーレビューによって、本やビデオ・DVDの中身がどういうものか、大雑把に分かるようにもなりました。

 

これによって、マッチング・コストもかなり小さくなったわけですね。

 

今ではもう、駅前の大きな書店(ブックファースト)で本を探すのが、かえって面倒になってしまったくらいです。

 

amazonで検索した方が、在庫があるのかどうか、すぐ分かりますし、入手可能性もすぐに分かりますからね。

 

以前は大きな書店というと、色んな本が置いてあって便利だなあと感じていたわけですが、今は逆に大きすぎて本を探すのが面倒な場所になってしまいました。

 

もちろん、特定の本を探していない場合は今でも良い場所ですけれど。

スポンサードリンク

アフィリエイトで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるキーワードはコレ!キーワードツールの決定版!Pandora2

★第2位★今話題のキーワード、トレンドアフィリで稼げ!【下克上∞(MUGEN)】

★第3位★ツイッターで集客!ツイッターでアクセス増!フォローマティックXY

★第4位★狙い目キーワードを探せ!キーワードスカウターS

★第5位★サイトアフィリマニュアルGladius

★第6位★1日1記事、1ブログ運営で、趣味や好きな事が月収20万円ホビリエイト・マスターズカリキュラム

★第7位★アフィリエイター専用!SEO分析ツール「COMPASS」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

★★ネットでお金を稼ぐマーケティングを基礎から指南Catch the Marketing

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

このエントリーをはてなブックマークに追加