アフィリエイトは鉱脈探し

アフィリエイトは鉱脈探し

凡人は経験を積んでみるしかない

アフィリエイト,phpスクリプト,WebAPI,儲け方,

アフィリエイト宝探しのようなものです。

 

ネットの向こう側で検索している人が、どういう情報を欲していて、どういうモノを買いたいと思っているのか。

 

それを当てる作業のようなものです。

 

だから色んなサイトを作ってみて、実際にアクセスがあったサイトを伸ばしていく。

 

検索フレーズを元に、さらに記事を作って足していく。

 

この方法しか多分ないでしょう。

 

アフィリエイトは千三つだと書きましたが、だからこそまず百コサイトを作ってみて、そこからスタートって事になるわけです。

 

最初から、望むままアクセスを集めることができて、望むまま稼げるような人は、本当に天才でしょう。

 

我々凡人は、たくさんサイトを作ってみて、そのサイトへのアクセスを観察してみて、どういうサイトが商売になるのか、ようやくおぼろげに見えるようになってくるのです。

 

そうして100とか1,000とか10,000の稽古を積んでいったあとに、「作ったら行けそうなサイト」か「作ってもアクセスはないサイト」という判断ができるようになるわけです。

 

アフィリエイトの情報商材などを読むと、必ずライバルサイトをチェックするように書いてありますが、チェックしてもチャンスがあるかどうか分かるスキルがないと、やっても無駄でしょう。

 

だってまだ、アフィリエイトで稼げるスキルや目を持っていないわけですから。

 



同じカテゴリーでも、アクセスは異なる

稼げるサイトを見分けられるようになるには、相当の経験が必要でしょう。

 

色々サイトを作ってみると分かりますが、同じカテゴリーのブランドでも、アクセスが来るブランドとアクセスが全く来ないブランドがあります。

 

どちらも人気ブランドですから、そんなに変わらないのかと思っていたら、片方は全くアクセスが集まらず、もう一方はちょこちょこアクセスがあったりします。

 

理由は全く持ってよく分かりませんし、どういうブランドにアクセスがあるのかは企業秘密ですが、そう言う風にかなりの偏りがあるわけです。

 

これは同じ条件で同様のサイトを作ってみないと、検証できないことなんですね。

 

大手企業の場合は、新製品を発売する前に、こういう比較検証を数多くやってみるわけですが、我々アフィリエイターもやってみる必要があります。

 

何が良くて何が悪いか。

 

何が求められていて、何が求められていないのか。

 

それはアフィリエイターが決めることではなくて、ネットの向こうで商品やサービスを探している人が決めることなんです。

 

どんなところに、どんなニーズが転がっているか。

 

それを探し当てて、そのニーズにしっかり応えるサイトを作る。

 

そういうサイトを作ったら、あとは100本リンクを貼れば良いって事になります。

 

ただ、なかなかそう言うサイトが作れないんですよねえ、、、

スポンサードリンク

アフィリエイトで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるキーワードはコレ!キーワードツールの決定版!Pandora2

★第2位★今話題のキーワード、トレンドアフィリで稼げ!【下克上∞(MUGEN)】

★第3位★ツイッターで集客!ツイッターでアクセス増!フォローマティックXY

★第4位★狙い目キーワードを探せ!キーワードスカウターS

★第5位★サイトアフィリマニュアルGladius

★第6位★1日1記事、1ブログ運営で、趣味や好きな事が月収20万円ホビリエイト・マスターズカリキュラム

★第7位★アフィリエイター専用!SEO分析ツール「COMPASS」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

★★ネットでお金を稼ぐマーケティングを基礎から指南Catch the Marketing

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

このエントリーをはてなブックマークに追加