アドセンスは儲かる?

アドセンスは儲かる?

アドセンスは稼げるか

アフィリエイト,phpスクリプト,WebAPI,儲け方,

アドセンスは簡単に儲かる、というウワサがある。

 

事実アフィリエイト初心者からプロまで取り組んでいるのが、このアドセンスだ。

 

アドセンスというのは、グーグル社のクリック型の広告配信サービスだ。

 

指定の広告タグをブログやサイトに書き込んでおくだけで、自分のサイトの内容に適切な広告を選んで表示してくれる。

 

グーグルやヤフーで検索したときに、検索結果や右側にさまざまな広告リンクが表示されるが、ああいうのが広告配信サービスだ。

 

このクリック型広告は、リンクがクリックされたときに広告費用が発生する仕組みでPPC広告とも呼ばれる。

 

PPCとは「ペイ・パー・クリック」の略で、クリック当たりで広告料を支払う仕組みと言うことだ。

 

PPC広告は、アフィリエイト同様、インターネットビジネス独特の、非常に都合の良い広告である。

 

と言うのも使いようによっては、非常に安い広告費で、強力な集客が狙えるからだ。

 



PPC広告は、インターネットビジネスの要

商売において集客というのは肝である。

 

ほとんどのビジネスが、集客なくして売り上げなどない。

 

集客できずに潰れる企業は多いが、集客ができている企業は滅多なことでは潰れない。

 

なので成功している企業も、そうでない企業も、様々な方法で見込み客を集めて、自社の商品やサービスを買ってもらえるように働きかける。

 

広告というのはそういうマーケティングの一つである。

 

ところが通常の場合、広告というのは、広告を出すだけで費用を支払わねばならない。

 

新聞広告や雑誌広告、駅やバス停などに出す広告、チラシやポスティング、どれもこれも出すだけで費用が発生する。

 

バス停の広告なら月1万円前後から。

 

駅のプラットフォームの広告なら、月20万とか30万とか。

 

新聞広告やタウン誌などへの広告であれば、掲載する地域の広さにもよるが、一回10万円以上の費用がかかる。

 

チラシや新聞折り込みならば、配るチラシを作るのに十万以上はかかるし、折り込み料も同じくらいかかってしまう。

 

ところが、クリック型広告・PPC広告は、クリックされた場合のみ広告料を支払えばよい仕組みだから、表示してもクリックされない限り、費用はかからない。

 

PPC広告は、インターネット独特の非常に面白い仕組みの広告で、それを強力に推し進めているのがグーグルという会社なのだ。

スポンサードリンク

アフィリエイトで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるキーワードはコレ!キーワードツールの決定版!Pandora2

★第2位★今話題のキーワード、トレンドアフィリで稼げ!【下克上∞(MUGEN)】

★第3位★ツイッターで集客!ツイッターでアクセス増!フォローマティックXY

★第4位★狙い目キーワードを探せ!キーワードスカウターS

★第5位★サイトアフィリマニュアルGladius

★第6位★1日1記事、1ブログ運営で、趣味や好きな事が月収20万円ホビリエイト・マスターズカリキュラム

★第7位★アフィリエイター専用!SEO分析ツール「COMPASS」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

★★ネットでお金を稼ぐマーケティングを基礎から指南Catch the Marketing

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

このエントリーをはてなブックマークに追加