【PHP】strtotime関数で集計日数の設定

【PHP】strtotime関数で集計日数の設定

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

strtotime関数で、まとめるログを絞り込む。

PHPで使るアクセスログ解析。

 

コアサーバーの仕様では、生ログは5日分だけ保存されているので、それをまとめて、不要なログを削除したものをダウンロードしてくる。

 

1日分だけまとめてダウンロードしてきても良いのだが、面倒くさくなってダウンロードしなくなると、後で見たくなったときに困りそうなので、5日分をまとめて1ファイルにした。

 

他のレンタルサーバーなどでは、生ログの保存日数がもっともっと長いところもあるようなので、10日以上保存されるようなサーバーでは、7日分を一つにまとめて、週別でチェックするのも良いかもしれない。

 

まとめるファイルの日数を調節するには、次のようにすれば良い。

 

strtotime関数で、使うファイルを絞り込む

 

strtotime関数を使うと、次のように過去の日数で制限できる。

 



 

成形したログファイルをファイルに出力

最後に成形したログファイルを出力する。

 

複数のサーバーからアクセスログを集めてくるので、ファイルネームが重複しないように日付時刻+4ケタの乱数を使って対応。

 

軽量化したファイルをアウトプットするディレクトリも別にして、そこから新しいファイルをダウンロードしてくるように設計してみた。

ということで、これをサーバーにアップロードして、cron設定で毎日回してアクセスログを作る

 

できた軽量化アクセスログをダウンロードして、WebLogExpertLiteに読み込ませれば、アクセスログ解析が出来るわけだね。

 

※出力ファイルは【.ini】ファイルにしているが、別に【.txt】ファイルでも良い。

 

単に軽量化が済んだログファイルだと分かればよいので。

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加