グーグルの収益99%広告

グーグルの収益99%広告

アドワーズとアドセンスの違い

アフィリエイト,phpスクリプト,WebAPI,儲け方,

グーグルにはアドセンスアドワーズというサービスがある。

 

この二つはインターネット広告に関するサービスだが、

  • 広告主側のサービス:アドワーズ
  • 広告を表示する場所を提供する側のサービス:アドセンス
と言うことになるようだ。

 

グーグルは、ウィキペディアの記述によると、年商2兆円の巨大企業であるが、収入のほとんどが広告による収入だそうで、広告収入の約3割がアドセンスの報酬としてサイトオーナーに支払われているということだ。

 

グーグルというのは要するに、インターネット上の巨大な広告代理店だってことだね。

 

しかしグーグルは元々、インターネットの検索エンジンを開発して提供する会社であった。

 

2000年にヤフーの検索エンジンとして採用されて認知された後は、検索が目的のユーザーを中心に、ファンを集めることになった。

 

当時、私はシステムエンジニアのようなことをしていたのだが、グーグルなど全く知らなかった。

 

が、ソフトウエアハウスのプログラマーのPCには、グーグルの味気ないトップページがいつも表示されていて、尋ねてみるとかなり使い勝手が良い検索サイトだということだった。

 



検索連動広告・コンテンツマッチ広告

検索エンジンの開発会社だったグーグルが、オーバチュアと言う企業のクリック型広告の仕組みを参考にして始めたのが、アドセンスである。

 

正しく言うと、2001年にグーグル・アドワーズという広告サービスを始めて広告主を捜し、その広告を表示するサイトをを集めているのがアドセンスと言うことになる。

 

広告を出したい側が利用するのがアドワーズで、広告を掲載したい側が利用するのがアドセンスという理解で良いだろう。

 

インターネットでビジネスを行う場合、アドワーズやアドセンスを上手く使えるかで、売上高が大きく変わってしまうので、今やこのPPC広告の利用法のノウハウやセミナーは、常に盛況だと言うことだ。

 

アドワーズの広告の特長は、検索連動型広告コンテンツマッチ広告というやつになる。

 

グーグルの検索サイトから何かを検索した場合、その検索キーワードに適した広告が表示される仕組みになっている。

 

これが検索連動型広告と呼ばれるモノだ。

 

一方、何かのホームページを開いたとき、そのホームページに書かれている内容を元に広告を表示するのがコンテンツマッチ広告というやつになる。

 

グーグルは、検索エンジン開発で磨いたノウハウを元に、より効果的な広告を表示させる仕組みというのを作り上げ、わずか十年で2兆円を売り上げる巨大企業になったわけである。

スポンサードリンク

アフィリエイトで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるキーワードはコレ!キーワードツールの決定版!Pandora2

★第2位★今話題のキーワード、トレンドアフィリで稼げ!【下克上∞(MUGEN)】

★第3位★ツイッターで集客!ツイッターでアクセス増!フォローマティックXY

★第4位★狙い目キーワードを探せ!キーワードスカウターS

★第5位★サイトアフィリマニュアルGladius

★第6位★1日1記事、1ブログ運営で、趣味や好きな事が月収20万円ホビリエイト・マスターズカリキュラム

★第7位★アフィリエイター専用!SEO分析ツール「COMPASS」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

★★ネットでお金を稼ぐマーケティングを基礎から指南Catch the Marketing

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

このエントリーをはてなブックマークに追加