★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイトの始め方記事一覧

アフィリエイトの申し込み方には、大きく分けて二種類ある。一つはショッピングモール型サイトのアフィリエイトamazon、楽天市場、ヤフーショッピング、電脳卸などのショッピングモールのアフィリエイトがこれにあたる。こちらはアフィリエイター登録が完了したら、モール内の殆ど全商品をすぐにでも紹介できる。紹介するサイトやブログもサイト登録する必要があるが、登録できるサイト数が限られているため、メインサイトの...

アマゾンのアフィリエイトは、比較的入りやすいアフィリエイトです。アマゾンamazonは、今や日本一の書店になりました。日本アマゾンは、アメリカのアマゾンの一部なので、日本だけの売上高や損益は不明ですが、日本一の書店である紀伊國屋書店やジュンク堂書店より売り上げが多く、1,500億円前後と推測されています。アマゾンは、書籍以外にも様々な商品を扱っていて、そのほとんどがアフィリエイト可能ですから、アフ...

Amazonアフィリエイトの長所は、報酬率が楽天などと比べて高いこと。最低でも3.5%というのは、率で考えればけっこう良いセンです。しかし百万円ほど売ってもせいぜい4万か5万って事ですから、小遣いレベルですね。しかし楽天アフィリと比べると、精神衛生上、かなりよろしいかと。というのも、Amazonアフィリエイトの場合、何が売れたか分かるんですね。楽天アフィリの場合は、売り上げが上がったショップ名と金...

Amazonアフィリの特長は、一ヶ月の紹介点数によって、報酬率が変わると言うことだ。なのでAmazonアフィリの狙い方としては、売上金額だけでなく紹介点数・冊数を稼いで報酬率を上げることが必要になる。高い商品の紹介があっても、紹介点数が少なければ報酬は下がってしまう。では、何点くらい売り上げにつながればよいのか。2010年8月現在で、アフィリ報酬が3.5%からとなっているが、月に30冊以上売ると4...

アドセンスは簡単に儲かる、というウワサがある。事実アフィリエイト初心者からプロまで取り組んでいるのが、このアドセンスだ。アドセンスというのは、グーグル社のクリック型の広告配信サービスだ。指定の広告タグをブログやサイトに書き込んでおくだけで、自分のサイトの内容に適切な広告を選んで表示してくれる。グーグルやヤフーで検索したときに、検索結果や右側にさまざまな広告リンクが表示されるが、ああいうのが広告配信...

グーグルにはアドセンスとアドワーズというサービスがある。この二つはインターネット広告に関するサービスだが、広告主側のサービス:アドワーズ広告を表示する場所を提供する側のサービス:アドセンスと言うことになるようだ。グーグルは、ウィキペディアの記述によると、年商2兆円の巨大企業であるが、収入のほとんどが広告による収入だそうで、広告収入の約3割がアドセンスの報酬としてサイトオーナーに支払われているという...

グーグルアドセンス(Google AdSense)は、アフィリ初心者にも使いやすい広告配信サービスだ。アドセンスというのはグーグルの配信する広告を自分のサイトに表示し、その広告がサイトの訪問者にクリックされることで広告料をもらえるという仕組みである。アマゾンや楽天市場のアフィリは商品が売れない限り収益がないのに対し、こちらは広告だから、サイト訪問者が関心を持って広告をクリックしてくれれば売り上げが...

アドセンスの広告を自分のサイトに貼って、収益を上げようと思うなら、まずしっかりしたサイトを持っている必要がある。第三者にとって有益なサイトというのがどういうサイトで、逆に無益なサイトがどういうモノなのかなのか。この境界線がどこにあるのかは難しいところだけれど、少なくとも2〜30ページ以上のページがあり、各ページに十分なコンテンツがある事が大事だろう。アドセンスを始めたい場合は、アドセンスのプログラ...

アドセンスの始め方・続き。アドセンスを貼れるようなサイトができあがったら、アドセンスプログラムに参加の申し込みをする。★アドセンスへようこそ申し込み方については、動画解説が用意されているので、こちらを参考にすればいい。★アドセンスの申し込み方 動画私がアドセンスのアカウントを作ったときには、こういうモノなど一切無かったので、かなり面倒だった記憶がある。まだ日本でサービスを開始してから間もない頃だっ...

アフィリ初心者でもすぐ始められるアフィリエイトというと、楽天市場のアフィリエイトと言うことになる。アマゾン・アフィリも楽天アフィリも、普通の一般的なブログが利用できるので、特にコンテンツ(中身)の有無を気にせずに始められる。アドセンスの場合、サイト自身にしっかりしたコンテンツがなければいけないのだが、アマゾンや楽天市場の商品のアフィリエイトには、そう言うモノは必要ない。日常生活のことをつづりつつ、...

アフィリ初心者が始めやすいアフィリエイトというと、アマゾンのアソシエイトプログラム楽天市場のアフィリエイトプログラムだろう。なぜ初心者向きかというと「紹介できる商品が山ほどある」「紹介したい商品があれば、すぐに紹介できる」ってことだ。日本には、たくさんのASP(アフィリエイト・プロバイダ)が存在しているのだが、ハッキリ言って使いづらいASPばかりだ。A8ネット、バリューコマース、リンクシェア、、、...

アフィリ初心者にA8やバリューコマースが薦められない理由は、とにかく使い勝手が悪いって事に尽きる。毎日アフィリ作業に励むような人間にとっては、とにかくすぐに商品が探せて、すぐにリンクが生成できるようになっていないと作業が進まない。だからとにかくシンプルで、素早く作業ができるような作りが必要だ。なのにこういうメジャーなASPは、それがもうとんでもなく煩雑になっていたりする。ホームページを作るときの理...

A8やバリューコマース、リンクシェアなどのメジャーASPでは、アフィリ作業が嫌になる仕組みがいっぱいだ。これらのASPが、本気でアフィリエイトに取り組んでいるのかは本当に疑問である。たとえばwebサイトをデザインする場合、目的のページにたどり着くために、最大でも3クリック以内で到達できるように設計することが求められる。ユーザーが用を足すために3クリックがギリギリの許容限度であって、それ以上の行程が...

今のメジャーなASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の仕組みは、非常に手間がかかるような仕組みになっている。商品検索→提携申請→商品リンク検索→リンクタイプ選択→掲載サイト選択→アフィリリンク取得実に6回もクリックしたり選択したりしないといけない。アフィリエイターが紹介したい商品やサービスが見つけても、すぐに紹介できないように、十重二十重に厳重に阻止しているような状態だ。アフィリエイト・プ...