★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

PHPとWebAPIで作るアフィリエイト・サイト記事一覧

リンク切れの発生しないアフィリエイトサイトを作りたい。そのためには、二つの方法があります。一つは「検索結果を使ったアフィリリンクを貼ること」たとえば、こんな風な感じ。→★足湯機を楽天市場で探す★これは検索結果ですから、検索キーワードさえ普遍的であれば、何らかの検索結果が表示されてリンク切れを防げます。楽天アフィリなどの場合は、楽天市場のどのページのURLからでもアフィリリンクを発生させることができ...

PHPとAPIでアフィリサイトを作る。そのためにはまず、自分のパソコンに開発環境を作る必要があります必要なのはWebサーバー・アパッチのプログラムPHPプログラムsmarty(テンプレートエンジン)というプログラムのインストールです。WEBサーバーというのは、インターネット上にHTMLファイルを表示するためのプログラムですが、PHPプログラムを動かすためにも必要なプログラムです。普通のホームページ...

PHPとAPIを使ってアフィリエイトサイトを作る。ここからは実践編です。WebAPIとは、インターネットを通じて、サーバーコンピューターにアクセスできる仕組みですAPIというのは、Application Programming Interface、「アプリケーション・プログラミング・インタフェース」の略で、元々は人間がコンピューターを使うための仕組みです。それをインターネットを通じてできるようにし...

webAPIを使ったアフィリサイト作り。試しに一つ、ウェブサービスを使って商品情報を検索してみましょう。今回は、簡単にできるヤフー・デベロッパーネットワークで説明します。ブラウザだけあれば実験できますので、pcにウエブサーバーやPHPをインストールしていなくても可能ですこれからやることはアクセスキーを取得、検索リクエストURLを組み立てるブラウザでリクエストを投げるxmlファイルを見ると言うことに...

ヤフー・ディベロッパーネットワークでアプリケーションIDを登録したら、次はそれを使ってWebAPIにアクセスしてみますヤフーでは様々なWebAPIが提供されていて、流行モノのキーワードランキングなども取得できますし、関連語なども取得できますので、いろいろ試してみても良いでしょう。ただこのサイトでの最終目標は、アフィリエイトサイト作りですから、最初はヤフーショッピングの商品を検索したとき、どういう情...

アフィリエイトサイトをAPIで作るために、ヤフーショッピングのWebAPIにアクセスして、サンプルURLで、ソニーのVAIOを検索してみる。★サンプルURLhttp://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=&query=vaio検索キーワードは、&query=の後に入れればいいのですが、日本語で検索する場合はUR...

PHPとWebAPIで作るアフィリエイトサイト今回はヤフーAPIのサーバーコンピュータに送るRESTリクエストの説明ですAPIサーバーへ投げるリクエスト方法にも色々あるのですが、RESTという形式でリクエストを送って、レスポンス(応答)をXMLで受け取る方法が簡単です。WEBサービスで自動更新サイトを作るには、ショッピングモールのAPIサーバーにリクエストを投げる返ってきたXML形式のレスポンスを...

APIとPHPを使った自動更新アフィリサイト作り。最初は商品検索ページを作ってみます。商品名を入力して「検索ボタン」を押したら、商品の情報が表示されるページって事ですね。自動更新サイトでは、あらかじめ設定したキーワードをショッピングモールのサーバーコンピュータに1つづつ投げて、返ってきた情報からページを作っていくので、このプログラムがベースになります。作るのは検索キーワードを入れるページ(serc...

PHPとWebAPIで作る自動更新型アフィリエイトサイト作成法。今回は前回の商品検索ページのサンプルコードを使って、実際に商品を検索してみます。まず「api」と言うフォルダを、アパッチのhtdocsと言うフォルダの下に作ります。※アパッチをデフォルトのままインストールした場合は、こういう感じになっていると思います。次にスマーティのスクリプトを全部このapiフォルダ内にコピーします。configs,...

PHPとAPIで作るアフィリサイト作り。商品検索ページの動作確認が終わったら、次はレンタルサーバーにファイルをアップして、動かしてみます。PC上では動いても、サーバーの環境では上手く動かないことが多いので、どこを変えればよいか確認しておきます。使用するレンタルサーバーも、スペックを確認する必要があります。確認事項は、PHPなどのCGIプログラムを動かせるのかどうか。外部WebAPI(楽天市場API...

PHPとWebAPIで作るアフィリエイトサイト。ここからは、サンプルコードを簡単に解説します。何をやっているのか、流れだけでもつかんでください。★検索ページのソースコード例(serch.html)商品検索ページ商品検索ページまず、キーワードを入力するためのページのソースコードです。これはHTMLの本にも必ず載っているので、詳しい説明は省略します。簡単に何をやっているか書くと、<input type...

ヤフーショッピングの商品検索PHPプログラムのサンプルコード(serch.php)の解説の続きです。次は、設定部分です。検索方法を変えたい場合に、設定すべき項目を変数にしておきますサイトを量産する際に、プログラムの途中をあちこち変更しないとダメな作り方をすると後々大変ですので、変更部分は1つのファイルの上部に集めて指定します。// ---------------- 設定部分 -----------...

ヤフーショッピングの商品検索PHPプログラムのサンプルコード(serch.php)解説。今度はPHPのテンプレートエンジン・スマーティ(Smarty)を使うための指定です。テンプレート・エンジンというのは、デザインを別のファイルで管理する仕組みです。PHPというのはweb用のプログラミング言語なので、複雑なデザインのページを作るためにもプログラム部分とデザイン部分を分離して管理するわけですね。//...

商品検索PHPプログラムのサンプルコード(serch.php)解説。ヤフーショッピングのAPIサーバーに、RESTリクエストを作って投げてレスポンスを受ける部分です。// ---------------- 商品検索スタート ------------------------ //// APIへのリクエストURL生成$api_url = $API_BASE_URL.$OPERATION."?appid...

商品検索PHPプログラムのサンプルコード(serch.php)解説。ヤフーショッピングのAPIサーバーにリクエストを投げると、レスポンスはXML形式で戻ってきますので、それをsimplexml_load_string関数で配列化して変数$xml に格納します。//検索件数が0件でない場合,変数$hitsに検索結果を格納します。if ($xml["totalResultsReturned"] != ...

ヤフーショッピングAPIを使ったサイト作り。商品情報のデータを変数$list_yに配列で格納したら、次はスマーティにデータを送ってページを作る部分に進みます。// ---------------- 商品ページ作成 --------------------------- //// スマーティにデータを送る$smarty->assign("keywords",$keywords);$smarty->a...

ヤフーショッピングのwebサービスを使った商品検索ページ作り、最後は検索結果を表示するページのテンプレート作りの解説です。手順としては、まず検索結果ページをイメージして結果を表示するためのHTMLファイルを作ってください。スタイルシートを指定して使うこともできます。全く普通のHTMLページでOKです。既存のページのHTMLを改造するのが速いですその中に、商品情報の配列$list_yの要素を織り込ん...

PHPとWebAPIで作るアフィリエイトサイト。Smartyテンプレートを使う方法の続き。サンプルコードのserch.phpの最後の方でスマーティに渡す情報を指定しました。これですね。$smarty->assign("keywords",$keywords);$smarty->assign("list_y",$list_y);で、この渡された情報を元に、テンプレート「kekka.php」で表示する...

サイトにアクセスを集めるには、マッシュアップサイトを作るというのも一つの手だ。マッシュアップとは「混ぜ合わせる」という意味で、マッシュアップサイトとは複数の情報源からの情報を並べて表示しているサイトのことだ。たとえばヤフージャパンのトップページなどは、巨大なマッシュアップサイトである最新のニュースのヘッドラインが並び、天気予報が表示され、その横には株価情報や為替の情報、テレビ番組の情報、健康情報や...

サイトにアクセスを集めるには、役に立つサイトを作ればいい。そして役に立つサイトというのは、簡単に言うと情報が多くて過不足なく整理されているサイトだ。インターネットで検索する人は、何らかの情報を探している。それは買い物のための情報探しであったり、悩みを解決する情報だったり、遊びのための情報だったりする。そういう「誰か」のために、便利なサイトを作ればいいしかし役に立つサイトって、そう簡単には作れないも...

マッシュアップサイトを作るために、様々なWebAPIから情報を取り出す必要がある。そのためにはWebAPIごとに、情報を取ってくるサブ・ルーチン・プログラムを作る。と言うことで今回は、楽天市場のWEBサービスの商品検索APIを使うPHPのサンプルスクリプトを公開する。まあ私はこういう感じでやってます…という見本なので、参考になれば幸いだ。このプログラムに関する質問は、アメブロの私のブログの方で質問...

楽天市場の商品検索APIから情報を取得するためのサンプルPHPプログラム(func_rakuten.php)について解説する。このプログラムは私個人で改造して使っているモノなので、実際そのまま利用することができるハズだが、動かなくても責任は持たない使い方としては、このプログラムを呼び出して、引数を渡せば、$list_riという配列を返してくれると言う仕組みになっている。呼び出し側の記述としては、/...

PHPプログラムで、楽天のWEBサービスAPIで商品検索する関数の解説(2)//--------- APIへのリクエストURL生成// リクエストURL生成$rakuten_url = $API_BASE_URL.'?developerId='.$DEVELOPER_ID.'&affiliateId='.$AFFILIATE_ID.'&operation='.$OPERATION.'&versio...

※Googleニュースは、2017年にRSSフィードを廃止したため、変更しました。PHPとAPIで作るマッシュアップサイト。ここからはグーグル系APIを使って情報を取得するPHPスクリプトを紹介する。マッシュアップサイトを作るためには、いろんなAPIがあると便利だが、グーグルはユーチューブやグーグルマップ以外にも山ほどAPIを公開しているので使えると楽しい。今回は私のマッシュアップサイト今日のAK...

PHPとWebAPIで作るマッシュアップサイト。前回の「グーグルニュース取得PHP」の例をざっと解説する。因みに2017年夏頃まではRSS形式で情報が取得できたが、現在はATOM形式でしか取得できない。基本は解説(5)商品情報をXMLから取り出すと同じ。URLリクエストでは検索結果の記事数を指定できないので、最後で数を削っているところで少し工夫している呼び出し側g_newsxml($keyword...

PHPとWebAPIで作るマッシュアップサイト。前回の「グーグルニュース取得PHP」の例の解説の続き。URLリクエストを投げた結果を見て、そこからxmlの構造を捉え、配列に取り込むデータを取捨選択していく。今回はRSS形式ではなく、Atom形式となっているため、多少異なる。因みに、GoogleがRSS形式でのニュース配信を止めたのは、RSS形式だと自由度が低い上に、バージョン管理などが曖昧だという...

PHPとAPIで作るマッシュアップアフィリサイト。グーグル系APIを使って情報を取得するPHPスクリプトを紹介する。その2今回も私のマッシュアップサイト昨日話題になった人・今日話題になった人、口コミ&動画で使っているグーグル系API用PHPプログラムの紹介。なおグーグルの提供するAPIの情報は、グーグルAPI(Google Code)に集まっている。今回は「ユーチューブ動画」での検索結果を取得する...

PHPとWebAPIで作るマッシュアップサイト。ユーチューブ動画リンク取得PHPの例をざっと解説します。今回のは、検索結果の動画へのURLリンクと、縮小画像を取得できます。基本的には解説(5)商品情報をXMLから取り出すと同じですので参照してください。なおユーチューブのAPIの仕様などは、こちらに載っています。→YouTube の API とツールfunction youtube_xml($key...

サイトを作っても、アクセスがなければ商売にならない。人通りがゼロの所に店を開いても、お客さんが来ないから商売にならない。だからアクセスを集める必要がある。一番効果的なのは、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンの、検索結果上位に掲載される事である。検索結果の上位に掲載されれば、安定的なアクセスが期待できる。検索キーワードにも寄るが、毎日100以上のアクセスがあれば、それなりに商売になるはずだ。ただし、...

フェイスブック(Facebook)でサイトを紹介する時サイトに付いている「いいね!」ボタンを押したり、フェイスブック側でURLを打ち込むと、紹介したいサイトの情報がフェイスブックに表示される。ただしその場合、どういう情報が載るかは、フェイスブック側のアプリケーションで勝手に判断される。だからサイトの画像をリンク先のアイコンとして表示させたいのになんか全然違った画像がリンクに載ってしまったりする。こ...