★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

サイト量産のコツ サイトの膨らませ方記事一覧

アフィリエイトでは、サイトの量産が大事になってきます。料理人だとか、電車マニアだとか、マニアックな知識を山ほど持っている人の場合は、その知識を網羅したサイトを作って稼ぐことができます。雑誌などに取り上げられているようなアフィリエイターというのは、そう言う専門分野を持っている人たちがほとんどで、一般の、ごく平凡な知識を持っている我々には、それは真似できないんですね。だから一般の、ごく平凡な知識しか持...

アフィリエイトでサイトを量産するとしても、まず最初の1サイトを作らねばなりません。そして最初の1サイトでサイト作りを経験して、それから2番目のサイト、3番目のサイトという風に進んでいけばいいわけです。もちろん、書きたいことが色々あって、しかもジャンルが全然違うような事であれば、同時並行的に複数のブログやサイトを作っていっても良いでしょう。あるいは日記的なブログやサイトから始めても、問題はありません...

サイトを量産するには、良いキーワードやテーマが見つかったら、すぐにサイトを作れるように準備しておくことです。そのためには、日頃からブログやサイトを更新して、記事を書いたりサイトを作ったりすることになれておく必要があります。チャンスキーワードが見つかっても、そこからサイトを立ち上げるまでに何週間もかかっては、量産なんて夢のまた夢です。なので日頃からブログ記事の更新やサイト作りを続けておく必要がありま...

サイトの量産の手順としては、日記的ブログアクセス解析から検索フレーズを拾うそれに応える記事やサイトを作る繰り返しということになります。これを繰り返していると、面白いことに気が付くはずです。それは何かというと、固有名詞や専門用語での検索が多いって事です。固有名詞や専門用語というのは、それを知っている人しか使わないフレーズなので、そのフレーズを記事の中に織り込んで書いておくと、個人のブログやサイトでも...

サイトを量産するコツとしては、一つのことをいくつかに分けて書くという手段もあります。たとえば専門用語や固有名詞を使う場合、記事のボリウム(分量)を増やすことができます。これはサイトを量産するには、非常に便利なことですね。専門用語というのは、もともと複雑なことを一つの用語にまとめてしまっているモノなので、専門用語の意味を解説するだけでも一つの記事や二つの記事は余分に書けてしまいます。たとえば「ノンメ...

サイトを量産するには、ネタ(書くテーマや材料)がなくても、何か書く練習をしておいた方がよいでしょう。何にもないところから記事を書くのは難しいことですが、何かのニュースに対してなら書くことはいくらでもあるはずです。これは昔、無料レポートで紹介した方法なんですが、ニュースを引用して書くという手法があります。ニュースサイトには、自分のブログに記事や写真を引用しても良いというニュースがいくつかあるんですね...

アフィリエイト作業の実際はどんなものか。私がアフィリエイト革命というアフィリ教材を実践したときの様子をまとめて紹介しよう。このアフィリエイト革命というのは、20万円の授業料でアフィリエイトを教えている常夏塾(とこなつじゅく)という塾の、セミナー映像をひとまとめにした教材だ。常夏塾がどういう作業でアフィリエイトに挑んでいるのか、その様子が分かる動画教材になっている。常夏塾のアフィリ手法というのは、ペ...

アフィリエイトの実践記のつづき。アフィリエイト革命の手法でインフォトップなどに登録されている情報教材(情報商材)のアフィリエイトをやってみる。もちろんそれまでにも何件か、自分のメルマガにアフィリリンクを入れたりして、月に1〜2件程度の売り上げはあったのだけれど、本格的にサイトでアフィリするのは今回が初めてだ。でまあ、アフィリエイト革命という教材は、「常夏塾」(とこなつじゅく)というアフィリエイト塾...

情報商材アフィリを本格的に始めようとしてアフィリエイト革命を参考にスタートした超個人的プロジェクト「アフィリページ300作成プロジェクト」。アフィリページを作っていた過程は、アメブロの方で毎日書いていたのだが、思った以上にハードだった。私の場合は無料ブログで効果が出なかった経験があるので、ホームページ型で作ろうと始めたのだが、まずサイト作成ツール・アクアスのテンプレート改造から始める必要があった。...

情報商材のアフィリエイト。とにかくまず300ページ作ってみればよいと言うことでスタートした。最初は、なかなか要領が掴めずに、遅々として進まない感じが続いた。しかし色々やっているウチに、似たような商材を紹介するページをひとくくりにして、それを1つのサイトにまとめれば、通常のサイトと同様の体裁になると気が付いた。また同じ商材でも、紹介の仕方が複数ある場合は、複数のサイトを建てて、それぞれ別にサイトを建...