アクセス解析の広告が邪魔で仕方がない

アクセス解析の広告が邪魔で仕方がない

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

広告付のアクセス解析が邪魔で仕方が無い

アクセス解析の問題点として、「広告が邪魔」という問題もある。

 

普通のホームページはパソコンで見ることを前提としているので、パソコンで見る場合は、広告付のアクセス解析でも、さほど目立たない。

 

ところが同じサイトをスマホで見ると、画面の8分の1くらいはアクセス解析の広告で占められる。

 

さらにスマホの画面だと、アクセス解析の広告が上から降りてきて、単なるリンクすらクリックできなくなってたりするから厄介だ。

 

こういうのは、アクセスのほとんどがパソコンからだった時代には、目をつぶれる。

 

スマホからのアクセスが2割とか3割だったら、まだ許せる。

 

しかしアクセスの過半数がスマホからという時代になると、目をつぶっては居られない。

 

アクセス解析の広告は、クリックされても一文にもならないし、自分が張っているアフィリ広告よりも目立つもんだから、広告収入も落ちてしまうからだ。

 

さらに言うと、最近のアクセス解析では、検索キーワードや検索フレーズも出なくなってるので、ただのカウンターの役目しかない。

 

カウンターのために売上げがさらわれてしまう事になると、邪魔以外の何物でも無いのだが、どうしたものか。



アクセス解析の広告が、スマホ画面では邪魔で仕方ない。

 

こういう場合はどうするか。

 

一つの答えとしては、Google Analytics(グーグル・アナリティクス)などの、広告が出ないアクセス解析に切り替える。

 

グーグル・アナリティクスというのは、サイトへのアクセスを分析するツールで、広告が出ない。

 

また、Googleアナリティクスには、アドセンス連携という機能もあって、アドセンスの売上げとも紐付いているので、アドセンスの売上げがどのページから来ているのかも分かる。

 

ただ問題は、サイトごとに色んな情報を書き込んだり、Googleアナリティクスの解析タグを、全ページに書き込まねばならないということだ。

 

通常のアクセス解析のように、何十もあるサイトを一覧するのも現時点ではできなかったりする。

 

もう一つの答えとしては、アクセス解析自体を止めてしまう

 

アクセス解析タグというのは、アクセス解析のサーバと情報をやりとりするから、その分だけページの読み込み速度が遅くなってしまう。

 

広告が邪魔で、サイトの読み込み速度も遅くなるのであれば、もう止めてしまうのも選択肢に入れるべきだろう。

 

ただアクセス解析は、やっぱりやりたいな。

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加