アフィリエイトは儲かりまへん。アフィリエイトが儲からないわけ

専門用語と固有名詞をちりばめろ

★このサイトもこれで作ってます次世代サイト作成システムSIRIUS

サイトを量産する手順

アフィリエイト,儲からない,理由,情報商材

サイトの量産の手順としては、

  1. 日記的ブログ
  2. アクセス解析から検索フレーズを拾う
  3. それに応える記事やサイトを作る
  4. 繰り返し
ということになります。

 

これを繰り返していると、面白いことに気が付くはずです。

 

それは何かというと、固有名詞や専門用語での検索が多いって事です。

 

固有名詞専門用語というのは、それを知っている人しか使わないフレーズなので、そのフレーズを記事の中に織り込んで書いておくと、個人のブログやサイトでも検索結果の上位に表示される可能性が高いのです。

 

検索結果の上位に表示されれば、当然自分のサイトや記事へのアクセスも増えますから、アクセスアップにもつながるわけですね。

 

なのでブログやサイトでは、なるべく専門用語や固有名詞を多く使うことを心がけると良いでしょう。

 

日本にはアフィリエイターが少なくとも100万人以上はいるそうですから、専門用語や固有名詞を使うことで、差別化も図れるって言うことですね。

 



固有名詞や専門用語は、説明を必ず付けて書く

サイトを量産する際には、専門用語固有名詞をたくさん使うようにしましょう。

 

専門用語や固有名詞を、記事やサイトに多く使うと、それによって検索結果の上位にランキングされることがよくあるんですね。

 

だから何度も書くのは面倒かも知れませんが、「これ」とか「それ」という代名詞を用いずに、なるべく専門用語や固有名詞を連呼するように書かないといけません。

 

ただし専門用語や固有名詞を使う場合、それを読んだ人に意味が通らない事も多いはずです。

 

そうなると一般の検索者にとっては、つまらないサイトになりかねません。

 

なのでこういう場合は必ず別の言葉で置き換えたり、説明を付け加えておくと良いでしょう。

 

たとえば専門用語を織り込んだ例としては、「ノンメディア・マーケティングで、よく使われるのはスペシャリティ広告だ」と書くだけではダメで、「メディアを使わないマーケティング、ノンメディア・マーケティングには、スペシャリティ広告というモノがある。

 

スペシャリティ広告とは、ノベルティグッズなどを利用する方法だ。

 

ノベルティグッズとは、ボールペンや消しゴムなどに企業名や商品名が書いてあって、タダで配っているアレだね」と言う感じに書くわけです。

 

固有名詞だと「あるタレントさんが言ってたことだけど、効率の良い勉強法は●●だ」と書くよりも、「東大卒タレントとして有名な八田亜矢子さんが、フジテレビ平成教育委員会という番組で、効率の良い勉強法として●●を紹介していた。

 

」と書く方が良い訳ですね。

 

さらに「八田亜矢子さんというと、東大合格者数で女子校ナンバーワンの桜蔭中学校から、筑波大学附属高校を経て、一浪して東大に入られた面白い経歴の持ち主で、ミス東大に選ばれたり、王様のブランチラジカルという関東ローカルの番組に良く出演されていましたね」などと、追加情報を入れると、さらに固有名詞が増えてよろしいようです。

 

NEXT:記事をふくらませるコツ

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加