ヤフーAPIで商品を検索してみる。

ヤフー・ディベロッパーネットワークでアプリケーションIDを登録したら、次はそれを使ってWebAPIにアクセスしてみますヤフーでは様々なWebAPIが提供されていて、流行モノのキーワードランキングなども取得できますし、関連語なども取得できますので、いろいろ試してみても良いでしょう。

 

ただこのサイトでの最終目標は、アフィリエイトサイト作りですから、最初はヤフーショッピングの商品を検索したとき、どういう情報が返ってくるか見てみましょう。

 

ヤフー・デベロッパーネットワークショッピング商品検索…とたどっていきます。

 

そうすると「リクエスト・パラメータ」と「レスポンス・フィールド」という表があります。

 

リクエスト・パラメータ




リクエスト・パラメータというのは、サーバーコンピューターに、自分の欲しい情報を要求するためのリクエスト方法を説明したものですここに「必須」と書いてある項目がないと、BadRequestという返事しか返ってきませんまたレスポンス・フィールドというのは、リクエストの返事として返ってくる項目のことです。

 

レスポンス・フィールドこれは返ってきたxmlファイルを読むときに必要になりますので、また後で見ることにします。

 

サンプルリクエストURLとして、http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=<あなたのアプリケーションID>&query=vaioとありますので、自分が取得したアプリケーションIDをコピペして、それをブラウザのURLのところにコピペしてエンターキーをたたいてみてください。

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加



売れてます

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング