アクセス解析ツールは何が良い?

サイトが増えてくると、アクセス解析が大変になる。

 

サイトを量産すると、全くアクセスがないサイトもたくさんあるし、個別ページごとにアクセス解析するのも難しくなる。

 

10くらいのサイトなら、1サイトあたり30ページだとしても300ページだから、個別ページに別のアクセス解析タグを仕込むことも可能だろう。

 

しかしレンタルサーバーを借りて、WebAPIを使って、phpスクリプトを書いて、思いつくまま物販アフィリサイトを100とか200とか量産しはじめると、そうはいかない。

 

個別ページに個別のアクセス解析タグを仕込むのは無理で、1サイトに1つの解析タグを入れるのがせいぜいだ。

 

となると、どのページにアクセスが来ているのか分からないから、次の一手の打ちようがない。

 

「糖質制限」でアクセスが来ているのかと思ってたが、実は「減塩」でアクセスが来ていた、なんていう変化に気づけない。

 

果たしてこれはどうしたものか、と思って色々やってみた。





昔は、アクセス解析と言えば、「検索ワード」や「検索フレーズ」が集められた。

 

ところが最近のアクセス解析では、こういった「検索ワード」や「検索フレーズ」が出なくなった。

 

その理由は簡単に言うと、グーグルが検索ワードを出さなくなったからだ。

 

アクセス解析というのは、「アクセスログ」という情報を分析して出すのだが、その中に「どのページからやってきたか」という情報が載っている。

 

そこでグーグルやヤフーなどのページから検索して特定のページにやってきた場合、グーグルやヤフーで検索したフレーズもURLに附属してやってきていたのだ。

 

なので、1つ前のページのURLを分析すれば、検索ワードが拾えていたわけだ。

 

ところがグーグルの仕様変更で、検索されたワードがURLに含まれなくなった。

 

それで一般のアクセス解析では、検索キーワードが拾えなくなったというわけだ。

 

では、検索キーワードを調べる方法はないのかというと、ある。

 

それがグーグルの「Search Console」というサイトだ。

 

ここに自分のサイトを登録して、サイトマップも登録しておくと、検索キーワードを調べることができる。

 

さらにサーチコンソールは、Googleアナリティクスとも連携できるようになり、色んなことができるようになっていく途中だ。

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加



売れてます

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング